おすすめキャンプ場

ふもとっぱらのコテージ柏なら家族がキャンプ好きになること間違いなし

ふもとっぱらといえば広いキャンプサイトでテント泊というイメージですが、じつはコテージも素晴らしいんです。

とくにコテージ柏は設備が充実していることと、富士山が見えるバツグンのロケーションで一度泊まったら忘れられないコテージ。

今回はコテージ柏の設備を詳しく紹介しながら、一度泊まるとキャンプ好きになってしまう理由を紹介します。

アロハ
アロハ
ふもとっぱらのコテージ柏はメチャクチャよかったです!

キャンパーは家族がキャンプ好きじゃないとツラい

自分はキャンプが大好きだけど、家族から理解されないとツラいですよね。

とくに奥さんがキャンプを好きじゃないと大変。

キャンプに行こうと誘っても断られるし、キャンプ道具を買ってもあんまりいい顔をされないですからね。

キャンプに慣れていない人のキャンプのイヤなイメージをまとめると、こんな感じです。

  • 虫がイヤ
  • 日焼けする
  • トイレが汚い
  • キャンプの後片付けがめんどう

こんなイメージが重なって、キャンプを好きになれない人は多いみたい(とくに女性は)。

なので、家族をキャンプ好きにさせるには、なるべくこのようなイヤなイメージを感じさせずに楽しい思い出を作ることが大切。

そこでおすすめなのが、コテージ泊で家族をキャンプに慣れさせる方法です。

コテージを使うのは、キャンパーとしてはぬるい感じがするかもしれません。

でも、家族をキャンプ好きにするためには、まずはコテージでキャンプに慣れてもらって楽しい思い出をたくさん作るのが近道です。

そして、ふもとっぱらのコテージ柏なら、キャンプのイヤなイメージを感じずに楽しく過ごすことができるので、家族がキャンプ好きになる近道になります。

ふもとっぱらキャンプ場の概要

ふもとっぱらは富士山のふもと(静岡県富士宮市)にあって、キャンパーにとっては一度は行ってみたい憧れのキャンプ場です。

アニメ「ゆるキャン」に登場したことも話題になって、今でも全国でトップクラスの人気です。

年間を通じてキャンプ系のイベントも多数行われていて、キャンパーにとってはまさに聖地!

魅力としては、広いキャンプサイトでのびのびとキャンプを楽しめることと、でっかい富士山を眺められることですね。

そして、今回紹介する「コテージ柏」もこのふもとっぱらにあります。

ふもとっぱらキャンプ場コテージ柏の基本情報

まずはコテージ柏の基本情報をまとめておきます。

  • 料金:25,000円/1棟
  • 定員:5名まで
  • チェックイン:15-17時
  • チェックアウト:11時
  • 部屋数:3室

料金は1棟で計算なので、5人で泊まれば1人5,000円になって割安です。

もともと今回は、翠山荘(すいざんそう)という別のコテージに2泊の予定でした。

ただ、コテージ柏を見たらあまりにも素敵だったので、1泊分をコテージ柏に変更しました(運良くコテージ柏が空いてた!)。

アロハ
アロハ
翠山荘も悪くはなかったのですが、設備や見晴らしのよさはコテージ柏のほうが上でした。

コテージ柏に泊まるとキャンプ好きになる3つの理由

コテージ柏に泊まってみての感想としては、本当にめちゃくちゃよかったです。

これは泊まった人がキャンプ好きになってしまうコテージだと思いました。

設備がものすごく充実している

ぼくが知る限り、コテージとしてはトップクラスの設備のよさでした。

ドアはオートロックで安心。

室内も木をメインにした作りで清潔感があります。

ベッドルームは広々で、ベッドもふかふか。

このベッドルームでは2人寝ることができます。

そして、ロフト付きでこちらでは3人が眠れるようになっています。

キッチンもIHでピッカピカ。

流しもキレイで、女性目線だとポイントが高いですね。

炊飯器や冷蔵庫もしっかり完備。

鍋と食器も備え付けのものがあるので、手ぶらで行くことができます。

ここまで炊事関係の設備が整っていると、自宅と同じ感覚で料理や後片付けができるので便利です。

ソファはちょっと変わったカタチをしていますが、防水で外でも使えるんです。

ウッドデッキに出して、寝転ぶと最高です。

もちろんテレビも付いてます。

暖房はすっごく大きいものがついていて、一瞬で部屋が暖かくなります。

冷房は付いてませんが、ふもとっぱらは涼しいので問題なしですね。

もちろんコンセントもあるので、スマホの充電など電源で困ることもありません。

タオル類も充実しています。

ユニットバスタイプですが、まるでホテルのようですね。

トイレはウォシュレット対応。

キャンプ場でウォシュレットと出会えるとは。

キャンプ場が嫌いな人が思い浮かべる「キャンプ場のトイレは汚い」というイメージとは無縁ですね。

そして、何よりもいいのは露天風呂があること。

柵があるので、まわりから見えることもありません。

これだけ設備が揃っているので、快適にコテージのなかで過ごすことができます。

もちろん、日焼けをすることや虫が出る心配もありません。

食事は自炊をしなければいけないものの、キャンプの調理・片付けと比較すると格段に楽チンです。

ここまで楽チンで快適だと、キャンパーとしては「キャンプじゃないだろ!」と

富士山をいつでも身近に感じられる

ふもとっぱらの名物といったら富士山は外せません。

そして、コテージ柏でも富士山がバッチリ楽しめます。

ウッドデッキからは富士山が正面に見えます。

そして、2階ロフトの窓からも富士山がドドーン!

極めつけは露天風呂から富士山が見えるんです。

風呂に入りながら富士山を眺めるなんて最高じゃないですか。

アロハ
アロハ
あまりにも最高すぎて、3回も露天風呂に入りました笑。

また、目の前にあるキャンプサイトに行って、こんなふうに富士山を楽しむのもいいかも。

ちなみに写真は富士山からの日の出。

こんなロマンチックな時間を過ごせるのも、いい思い出になります。

どこを切り取っても富士山を身近に感じられて最高です。

おしゃれキャンパーが多い

ふもとっぱらには、びっくりするほどのおしゃれキャンパーがたくさんいます。

snowflake_687さん(@snowflake_687)がシェアした投稿

くぅ🎾さん(@kuu8058)がシェアした投稿

misako ishiiさん(@tsunomisa0420)がシェアした投稿

散歩をしながら、上級者のキャンプスタイルを家族で見てみるのもいいと思います。

おしゃれなキャンプをしている人や家族で楽しんでいるファミリーキャンプを見れば、「自分もやってみたい」という気持ちが芽生えること間違いなし。

[補足]食材の買い出しは「う宮〜な(うみゃーな)」がおすすめ

コテージ柏は食事が付いていないので、自炊しなければいけません。

食材の買い出しをするならJA富士宮が運営しているファーマーズマーケット「う宮〜な(うみゃーな)」がおすすめ。

ふもとっぱらから車で30分程の距離で、地元の新鮮な野菜やお肉を買うことができます。

特に「チキンハウス青木養鶏場」の鶏肉は驚くほどジューシーなので、一度は食べてほしいですね(※近くに本店あり)。

ここでしか食べられない落花生ソフトもおすすめ。

というよりも食べないと後悔するレベル。

牛乳のしっかりしたコクと落花生の品のいい香りが合わさって絶品。

今まで食べたソフトクリームでトップ3に入るおいしさでした。

コテージ柏のデメリット

コテージ柏のいいところばかり紹介しましたが、デメリットは2つほどあります。

1つは当然ですがキャンプサイトを利用したテント泊よりも料金が高いことです。

また、もう1つはチェックインとチェックアウトの制限がキャンプサイトよりもコテージ柏のほうが厳しいです。

キャンプサイト コテージ柏
料金 3,500円
2〜5名
25,000円
1〜5名
チェックイン 8-17時 15-17時
チェックアウト 14時 11時

キャンプ慣れしている人にとっては、キャンプサイトのほうが安くて時間的にもゆったりできます。

ただ、キャンプに慣れていない人にとっては、値段が高くてチェックイン・チェックアウトが厳しくてもコテージのほうがいいかと思います。

まとめ

コテージ柏は設備も充実していて、富士山がバッチリ楽しめるので一度泊まるとキャンプ好きになること間違いなしのコテージ。

最初からテント泊だとキャンプに慣れていない人にとってはハードルが高いですが、コテージなら手ぶらで行けて家に近い感覚で過ごせるのでキャンプに慣れるという意味でも最適です。

ふもとっぱらの公式ページではコテージ柏をはじめ、ほかのコテージやキャンプサイトの予約状況も確認できるので興味がある方はチェックしてみてください。

ABOUT ME
アロハ
アロハ
キャンプとカヤックをこよなく愛するアウトドアな人。でも、じつは同じくらいインドアも好き。

POSTED COMMENT

  1. chakkan より:

    初めましてニックネームchakkanと申します。
    僕は基本友達とのキャンプやソロキャンプをメインとしてるキャンプ歴8ヶ月ぐらいの初心者キャンパーです。
    家族は妻と小さい子供の3人家族なのですが、俺のCAMPさんのおっしゃる通り家族はキャンプに対して否定的でギリギリデイキャンプという名のバーベQを楽しむ程度にしか関与してくれませんw
    ところが先日俺のCAMPさんのブログを拝見させて頂き、これなら!と思い妻にこのブログを読ませてみたら今まで断固キャンプ反対派だった妻が、なん重い腰を起こしてくれコテージ柏へ予約を取ることが出来ました*\(^o^)/* 今では妻の方がノリノリで今からテンション上げ上げです! 本当に素晴らしい記事をありがとうございました!

    しかし僕はコテージ泊の経験がありません。
    コテージも場所によってルールは異なるとは思いますが、こちらのコテージ柏は庭にランタンを設置したり、焚き火やバーベQなど普通のキャンプみたあな事をやっても時間内であれば大丈夫なのでしょうか?
    それなりにキャンプギアは揃っているので、どんなギアを持っていくと便利なのかを簡単に教えて頂けると嬉しいです。
    お忙しいとは思いますが、ご都合が宜しければ是非ご指導よろしくお願い致しますm(_ _)m

    • アロハ アロハ より:

      chakkanさん

      コメント、ありがとうございます!
      また奥さんと一緒にブログを読んで頂けて嬉しかったです。

      ご質問についてですが、コテージ柏はフリーサイトの横に併設されていて焚き火やBBQはもちろんOKです(直火はNG)。
      ランタンなども設置して、ぜひ楽しんでください。

      持っていくギアのイメージとしてはデイキャンプのイメージでいいかと。

      持っていくと便利なギアとしては次のとおりです。
      ・キャンプチェア:外には椅子代わりの切り株が置いてありますが、リラックスするならマイチェアを
      ・サブテーブル:木のテーブルはありますが重くて動かせられないので、持ち運んでちょっとしたものが置けるサブテーブルは便利
      ・ガスコンロ:外でお茶やコーヒーを飲みながらまったりするのにおすすめ、やかんや鍋はコテージ柏にあり
      ・焚き火台やBBQグリル、ランタン:コテージ柏にないのでやる場合は必須
      ・調味料や油:コテージ柏には置いてないので、料理にこだわるなら
      ・虫除けグッズ:これからの季節は蚊が出るので
      ・タープ:外で活動する時間が長い場合は奥さんの日焼け対策に
      ・防寒具やブランケット:朝晩は冷え込みますし、女性はとくにさむがりなので

      あとはchakkanがやりたいことや奥さんやお子さんに楽しんでもらうために必要なものを
      持っていけばいい感じです。

      ちなみにクーラーボックスは冷蔵庫があるので用意しなくてもいいかと。
      調理道具もある程度そろっています。

      コテージ柏で家族の楽しい思い出作りをしてきてくださーい。

chakkan にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA